2008年06月20日

それでも出る

6月18日、ブラルース選手は「家庭の事情」と言うことで練習を休みました。オランダで「家庭の事情」と言えば・・・理由は二つ。

残念なことに、ブラルース選手の奥様が、予定日よりも4ヶ月も早く出産をされてしまったそうです。(選手たちが宿泊しているローザンヌにて)そしてその赤ちゃんは、他界してしまったとの事です。

この悲しさにもかかわらず、選手根性を見せつけるブラルース選手。土曜日には「出場できるし、出場したい」とファン・バステン監督にも伝えたとか。

出場も危なかったブラルース選手でした。最後の最後まで、ファン・バステン監督は迷っていました。そして出した結果は、ブラルース選手は招集しないというものでした。が・・・その後怪我をした選手が出た為に、やはり召集となりました。ブラルース選手自体が、怪我で泣かされたシーズン。まだフィットしていないのでは・・・?と不安に思っていたファンもいると思います。

でも・・・EURO2008では活躍しています。土曜日にも亡くなってしまった赤ちゃんとともに、そして赤ちゃんの為にも、頑張ってほしいと思います。


そして昨日・・・

続きを読む


posted by ニコラ at 22:33 | Comment(4) | TrackBack(0) | Euro2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする