2007年11月21日

アンネの栗の木(De Anne Frankboom)

かなり前から「伐採」すると言われていたアンネ・フランクの栗の木があります。アンネ・フランクの隠れ家から見える樹齢100年を越す栗の木です。

アンネの日記では、自由を求める象徴として書かれているらしいですね。狭い屋根裏部屋から見えるものといえば、数が限られます。そんな中で見えた栗の木・・・一緒に生活をしていたピーターに恋をし、その事もこの栗の木を通して書いているとか。

が・・・その栗の木は重度の病気で・・・中から腐ってきているとかで、専門家達の意見として、伐採したほうが良いといわれていました。

そして今週・・・(といっても昨日の月曜日からですが・・・)



続きを読む


posted by ニコラ at 06:23 | Comment(6) | TrackBack(1) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする