2007年04月25日

生後6週間

オランダでは、出産後6週間はとても大切な時期です。

出産関係の言葉には、「kraam」がつけられ、出産をした産褥婦(・・・と言うのでしょうか・・・?)はkraamvrouwといい(vrouwが女性のこと)、この女性はして良い事・悪い事があります。また、赤ちゃんも同じです。

そもそもオランダの妊婦は、日本の妊婦に比べて、と〜〜〜〜っても自由です。「して良くないこと」はありません。何でもして良いのです。妊婦さんによって、出来ること・出来ないことの差があるために、禁止事項はありません。

なので、何でも先ずやってみて、体が・・・これはつまりは赤ちゃんが・・・辛い・心地よくない・・・と言うことであれば、教えてくれるというのです。

さっちゃんがお腹にいたときには、自転車を持っていなかったのですが、みーちゃんがお腹にいたときには、臨月まで自転車に乗っていました。でも、最後の4週間くらいは、みーちゃんの頭が下がりすぎて、足の付け根が痛くなり、動くこともままならず、助産婦さんからソファーでの安静を指示されたために、買い物もせず、検診のときだけ階段を使い・・・と、結構大変な生活でした。(^^;;
(住んでいたアパートは4階建てで、住んでいたのは4階。が・・・階段しかなかったのですが、階段は使用してはだめだと言う指示でした。それでなくても、トイレに行くだけでも大変だったので、動く気にもなりませんでしたが・・・)

そして出産・・・・。


続きを読む


posted by ニコラ at 04:22 | Comment(6) | TrackBack(0) | 育児の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする