2007年01月29日

お茶の出し方

昨日の投稿で、お客様のあったことを書きました。そして思い出したことがひとつ。

タイトルの通り、オランダと日本では、お客様に出す「お茶」(オランダではコーヒーや紅茶ですが)の出し方が、微妙に違います。

何が違うかと言うと・・・

先ず第1には、気取ったカップアンドソーサーで出すことが少ないことでしょうか?

つまりは「マグ」で出してしまいます。お客様用のでもいいし、普段は使わないけれど持っているものでもいいし、最近流行っている「Senseo」*用のものでもいいし・・・・。

*)コーヒーが「パッド」に入っていて、クリーミーコーヒーが楽しめます。フィリップス社とダウエ・エグベーツが共同開発しました。

もちろん上流階級の方達は、カップアンドソーサーでコーヒーをお出ししているかもしれませんが、私が知っている方達はすべて・・・マグでした。

そして紅茶はグラスです。なぜなら紅茶には渋があるので、洗い易いグラスです。

そして出す時には・・・

続きを読む


posted by ニコラ at 22:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする