2007年01月12日

びっくりの事実

最近・・・今年になってからなのか、昨年からなのかは全く分からないけれど、ベルギーのオランダ語放送では、戦争もののドキュメンタリーを放送しています。

その当時に録画されたと言う「カラーフィルム」を使ってなんですよ!

今まで見てなれていたポツダム・ベルリン・ハンブルクなどの写真・・・大空襲のあとの廃墟ですが・・・これがカラーになるだけで、かなりの「差」が出来ますね。

子供達の笑顔の場面は、カラーのほうがいいけれど。

そしてそのドキュメンタリーシリーズの中でやっていたこと・・・ナチス・ドイツがノルウェーに行ったときのことでした。

その当時のドイツでは、「ドイツの血」を大切にするとして、「金髪・青い眼・細い顔・・・」などのアーリア人特有の外観をあげ、その特徴を持っている人達の子供を増やす政策を採っていたとか。

そして侵攻して行った先のノルウェーでは・・・

続きを読む


posted by ニコラ at 21:34 | Comment(4) | TrackBack(0) | ニコラの世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする