2007年01月09日

とうとう・・・

私がまだ小さかった時、お隣に住んでいた奥様が、幼稚園の先生をしていたとかでピアノがありました。遊びに行くと、そのピアノに夢中だったとか・・・?

バレエを習いに行っていた横浜のスカイビル。もちろん今の綺麗なものではなく、昔のですよ〜〜!!まだ横浜駅が、東西が繋がっていなく、古めかしい駅だった頃のお話です。

レッスンが始まる時間に合わせて家を出ればいいものを、なんだか家を早く出ていたようで、始まるまでにかなり待っていたとか。その時間を利用して、最初はスカイピルでピアノを習い始めたようです。

が・・・集中力がなかったのか、やる気がなかったのか・・・全く埒が明かなかったために、先生に出張をしていただいての自宅レッスンにしたとか。まぁ〜手の焼ける子供だったようです。(^^;;

そして自宅には日本に住んでいたドイツ人が置いていったと言うピアノがやってきました。そのときのことは全く覚えていませんが、そのピアノのことは覚えています。

ドイツからやってきたそのピアノ・・・足に飾りが施してあり、真っ直ぐではなくカーブしていて、音もヤマハやカワイとは全く違う音。鍵盤も昔に作られたピアノなので、象牙を使ってありました。

そのピアノも・・・オランダに来るに当たって処分をしました。3万円くらい払って、「もって行ってください」とお願いをしたのです。引取りの時には母がいたのですが、「こんなピアノ、見たことがない」って様なことを言っていたとか。

普通であれば壊してしまうはずのピアノですが、このピアノは・・・きっと誰かに売却されたのでは・・・?と思います。

そしてその事を知っている五右衛門。結構気にしていたようで、ピアノを入手したいと思っていたようです。そしてある日・・・


続きを読む


posted by ニコラ at 21:03 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする