2007年01月03日

歯科検診

昨日の1月2日・・・我が家は約半年ぶりの歯科検診。ありがたいやら、怖いやら・・・?(苦笑)

オランダの医療システムは、日本のものとは全く違い、風邪をひいた・避妊薬が必要・尿漏れがある・・・などなどの一般的な症状は、契約をしているホームドクターのところに行きます。

が・・・このホームドクター・・・・超がいくつ付くか分からないくらい不足をしています。引越しをしてきて、新しいホームドクターを探そうと言っても、「うちはもう手一杯です」と言うのが100人中100人。

それでも、子供の学校へはホームドクターの名前を知らせなければいけないし、健康保険の契約でもホームドクターの名前は必要だし、何かがあったら必ず聞かれるホームドクターの名前。

しかしホームドクターのいない人たちも多いのが事実。と言うわけで、政府は数年前に、それまでは15年とか掛かった時間を(大学に行っての勉強と研修・実習をあわせると、それ位になるらしい)、13年くらいに短縮したらしいです。

1年に何人のホームドクターが誕生しているのかは分かりませんが、我が家のホームドクターのところにも、最終段階の実習を体験している卵ホームドクターが、毎年入れ替わりでやってきます。

この実習期間も1年と長いもので、途中ではビデオ撮影をして、自分の診察の仕方を指導してもらうと言うのもあります。

一方の今日の話題の歯医者。この歯医者がまた曲者で、ホームドクターよりももっと「超」が付くほどの不足。ホームドクターは生活に支障が出るので、一生懸命に探すけれど、歯の方は・・・「痛くなったら・・・」とほってる人も多いはず。実際五右衛門も指定の歯医者はいませんでした。

が・・・9年前突然・・・


続きを読む


posted by ニコラ at 17:34 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする