2006年12月22日

夕食会

クリスマス休暇まであと1日。明日学校に行ったら、2週間のクリスマス休暇になります。

ということで、今日はお決まりの夕食会でした。

シュペールザールでも、このクリスマスの夕食会は行われ、有志がスープを作ったり、ハーブ入りバターを作ったりして、夕食会の献立は大体決まります。親も参加をして、ワイワイ・がややがと、クリスマスの雰囲気を楽しみます。

そして学校では、親はもう参加は出来ず、担任と補佐の教員、学年によっては親も数名参加をしての夕食会となります。これは授業時間に数えられるので、この日は学校はお昼でおしまい。そして夕方再登校となります。

そしてこの再登校の時には、子供達は皆着飾ってきます・・・特に女の子かな?(笑)

この夕食会の2週間くらい前には、クラスの前には「用紙」が張り出されます。この用紙には、名前を書くようになっています。

「何のための名前・・・!?」

それは夕食会の献立ようの用紙です。基本メニューは決まっていて、どのクラスも同じもが要求されているのですが、そのクラスならでは・・・というものも作れるようになっています。

「ママが得意のxxx」とか、「パパのxxxは絶品だから!」というものを、クラスの皆にも食べてもらうのです。

そしてその結果・・・



続きを読む


posted by ニコラ at 05:46 | Comment(9) | TrackBack(0) | 学校の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする