2006年12月19日

組閣の仕方

今日はちょっとお硬く・・・またまた政治の話です。理由は、11月22日の選挙後の一連の流れの中で、一歩進んだので、これまでの流れの説明を・・・ということです。


日本で選挙があれば、私の記憶では大抵の場合、自民党が過半数を取れる状況が、かなり長いこと続いていたと思います。連立を組むといっても、簡単に相手は見つかっていたようにも思います。今の状況は・・・果たして同じなのかは・・・分かりませんけれど。(汗)

しかしオランダでは、一党で過半数を取れる・・・ということは、今までに起きていないということです。つまりは、いつでも連立政権。

オランダの下院の議席数は、何故か偶数の150議席。過半数は76になります。


11月22日の選挙の結果は、
キリスト教民主(CDA・・・現在の首相が所属の党)   41議席
労働党(PvdA・・・現在野党)                32議席
SP(ソシアルパーティーといことで社会党?)      26議席
VVD(現在連立を組んでいる)               22議席
その他もろもろ・・・


総合すると、左派の党を全部合わせると、右派の党よりも上回り、過半数になるとか、ならないとか・・・という結果でした。

その結果・・・


続きを読む


posted by ニコラ at 05:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | 政治の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする