2006年11月25日

成績表

「こちら」にて、成績表の内容と10分間面談のことを投稿しました。今日はその続き・・・かな?(笑)


皆さんは成績表を貰ったらどうしましたか??

私は成績がそれほどよくないのが分かっていたから、試験週間の間からもう胃が痛くなるほど嫌でしたね〜。貰ったら隠しておきたいのに、うちの両親は「待ってました!」とばかりに、「お帰り」の変わりに・・・

「ほら出して!」だったし・・・。

それが嫌で家に帰りたくないって、ず〜〜〜〜っと思ってました。

学校で自分の成績表を見るのにも、皆してコソコソと見るしね。

小学校の時には、1教科が1枚の紙になっていて、封筒に入っていました。中・高は1枚の紙に全教科が書かれていたかな?それとも逆だったか・・・。もう記憶から消え去っています。(^^;;


さてさて話をオランダの成績表に戻すと、子供達は貰うとうれしそうな顔をしています。皆の顔がとっても輝いてます。

絶対評価とか相対評価とか関係なく、その子を評価するのですが、いい事しか書いていないからでしょうか・・・?

日本と比べて、オランダの教育は「褒める」ことに重点を置いています。小さいときから、出来れば「すごいね!」と褒めちぎります。出来ないほうには余り目を向けず、出来るほうを重点に・・・。

その精神が成績表にも現れています。

そして今回・・・


続きを読む


posted by ニコラ at 07:27 | Comment(6) | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする