2006年10月12日

今日も苦戦のアルバニア戦

土曜日のブルガリア戦は、「水球」といわれるほどの水の量で、ボールのコントロールにかなり苦戦をしたようでした。

でも試合内容は上々で、今日の対アルバニア戦にはかなり期待がかかっていました。確かにね〜、相手はそれほど強いとはいえないけれど、勝てると思ってかかったら、誰だって負けるのよ〜って言うとおり、苦戦を強いられました。

ヨーロッパの中でも貧しい国といわれるアルバニア。オランダにもかなりの出稼ぎ労働者たちがいる気配のアレーナ(Ajaxのスタジアム)。サッカーにどれだけ時間とお金を費やしているかと考えれば、オランダに比べたらその差はかなりあることは直ぐに分かります。

だからといって、楽勝か・・・?



いやいや・・・・!!!


続きを読む


posted by ニコラ at 06:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Euro2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする