2006年10月11日

インターネットバンキング

オランダの銀行は、ありとあらゆる点で、「手数料」を取ります。アメリカの銀行のように、口座を保持するための手数料はありませんが、キャッシュカード兼デビットカードを持つためには、3ヶ月ごとに銀行で定めた手数料が必要になります。

そのため、日本でのように、一人で合計10個もの口座を持って・・・なんて事はしません。大抵は、大手の銀行にひとつ、そして郵便局にひとつというのがスタンダードだと思います。

そして銀行系の口座番号は、銀行の名前が分かるシステムになっているので、請求書をもらっても、書いてあるのは「支払先の口座番号」とその口座の名義人の名前です。

そして日本の銀行では、支店に行くとずら〜〜〜〜〜っとカウンターが並んでいますが、こちらの銀行ではそういうところはありません。

入ると受付があり、その受付の人が済ませられる要件の場合はそのまま、他の人が受けなければいけない場合は番号札や、担当の人を呼びに行きます。

口座を開こうと思った場合、日本では身分証明書を持っていけば、直ぐに開けたと思いますが、オランダでは先ず、口座を開くために予約をします。その時間に、身分証明書とSofi番号と呼ばれる税金支払い番号を持って行きます。(その番号が証明できるもの)

そしてたくさんの書類に書き込みをして、サインをして、数日すると口座が開けました〜って連絡が来ます。



続きを読む


posted by ニコラ at 04:24 | Comment(6) | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする