2006年10月06日

従来通り?それとも・・・

11月22日は選挙の日です。7月に内閣が総辞職をしたために、満期を待たずに選挙が行われます。

オランダ語で「Tweede Kamer」=直訳だと第二の部屋の議員たちを選ぶわけです。日本で言う衆議院、アメリカで言う下院でしょうか。

選び方は・・・日本とは全く違い、全国区の比例代表制だと思います。

リスト1からリスト・・・・出馬する党が全部数字をもらいます。その順番は、その前のときの議席獲得順だそうです。

なので今回は

リスト1=CDA(キリスト教民主)
リスト2=PvdA(労働党)
リスト3=VVD(なんていうのかな・・・?)

とかいう順番だと思います。

そしてそれぞれの党が、当選させたい人をリストにします。そしてその1番目の人は、院内党代表(fractievoorzitter)と呼ばれたり、選挙の時には候補者名簿筆頭人(lijsttrekker)と呼ばれたりします。

そしてその筆頭人たちが、機会があるごとにディベートをします。小さい党だと呼ばれません。大抵は上位10党くらいでしょうか。


その選挙戦も終わり、投票となるわけですが、今年はちょっと雲行きが怪しいのです。なぜなら・・・


続きを読む


posted by ニコラ at 04:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 政治の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする