2006年09月22日

またもや、大臣二人辞任

昨年の10月26日から27日にかけての夜、スキポール空港に隣接されている政府の施設にて、火災があり、11名の方がお亡くなりになりました。

その施設にいた方たちは、正式に入国が出来ない立場の方たちでした。日本とオランダは、90日までの滞在はビザ無しでできますが、そうでない国からは入国のためにビザが必要になります。それを知らずにオランダに来た人たち・知っていたかもしれないけれどビザを取得せずに来た人たちが、一箇所に集められていた施設でした。

留置所というのでしょうか。

この施設の別の場所には、「ボールを飲んだ人たち」と言われる違反者達が収容されているそうです。(このボールとは、小さいボール状にした麻薬のことで、これを飲み込んで入国しようとする人たちです。)

政府の施設ですが、関連する省は・・・法務省・移民関係の省・The Netherlands Ministry of Spatial Planning, Housing and The Environment(通称オランダ語ではVROM)と言う省に、施設のある市です。

そして今日、約1年にわたる調査・検証結果が、ベアトリクス女王の妹のプリンセス・マルグリートのご主人である・・・ピーター・ヴァン・ヴォレンホーヴェン氏より発表されました。彼は「安全評議会」と言うような組織のトップマンです。

そして二人の大臣が、責任を取る形で辞任をしました。


続きを読む


posted by ニコラ at 07:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする