2006年09月20日

Prinsjesdag


(撮影はANP、写真は王室の公式HPより)


今日の9月第3火曜日は、オランダではPrinsjesdag(プリンシェスダーハ)と呼ばれるとても大切な日です。

なぜなら、この日には女王が、来年度の政策の指示をし、それに伴って国会が開会されるからです。

今年で27回目のPrinsjesdagを迎えるベアトリクス女王。昔の国会議事堂である「Ridderzaal」(騎士の間)が、女王が内容文をお読みになる場所です。今年内装を新たにし、今までとはちょっと趣が変わりました。

この場所は、Binnenhof(内宮)と呼ばれるところで、女王の執務室のあるNoordeindeからは約1.5kmの場所にあり、移動は金の馬車・・・というのが、しきたりです。

女王の移動にあわせて、オランダ国歌が流れます。馬車も、今日の式典の責任者達、女王の妹ご夫妻・女王ご自信に皇太子ご夫妻が、指定されたお馬車に乗って移動されます。

時間にして15分強ですが、その沿道には朝7時ごろから駆けつけた方たちが、旗を振ったり、手を振ったりしながら見守ります。

この日は、式典のような祭典のような日で、皆さんとてもにこやかです。

またこの日の見所は、金のお馬車や皇太子ご夫妻(得にマキシマさん)だけではなく、騎士の間にいる女性達の頭にも注目が集まります。なぜなら、「お帽子」がエチケットになっているのです。義務ではないですが、かぶっている方がとても多いです。
続きを読む


posted by ニコラ at 05:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする