2006年09月13日

5年が経って

2001年9月11日。この日を知らない大人はいないと思います。この日を忘れられる大人もいないと思います。びっくりすることが起きた日ですから。

丁度この日、私は車の教習があり、五右衛門が家にいて、子供達と遊んでいました。ドアを開けた途端に、五右衛門の叫び声・・・「早く来て、見てごらん!」

何かと思ったら、飛行機がTWCに突っ込む映像でした。

最初は何がおきたのか分からず、ぼ〜〜〜〜っとしました。だって、誰があんなことが起きるって、想像しましたか??

何かの映画のシーンかとも思いました。映画なら、コンピュータを使って、そういう映像も作れますからね。

でも五右衛門は、「これは実際に起きたんだよ!」と。



この日から今年は5年経ちました。そしてドキュメンタリーも放送されました。見て・・・驚きました。そしてやはり思いました。

アメリカの政治の世界は、信用できないし、汚すぎる、と。


続きを読む


posted by ニコラ at 05:31 | Comment(8) | TrackBack(0) | 政治の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする