2006年09月02日

めだか

2002年には、10年に1回という大規模な花博「フロリアーデ」がありました。その年にはもう学校に行き始めていたさっちゃんですが、7月には日本からオーマが遊びに来ました。

運が良いのか悪いのか・・・その時期に水疱瘡をしたさっちゃん。家から出られない時期がありましたが、オーマが来ている間に、「10年に一度なら!」ってことで、フロリアーデにも行きました。

丁度都合のつく日は金曜日。歩き始めていたみーちゃんですが、敷地内は広いと聞いていたので、バギーを持参。しかし、バギーを見たとたんに、「乗る!」と言って聞きません。でも砂利道ではバギーは動かず、五右衛門の説得の元、暫くは歩いてくれた・・・・なんて思い出があります。

そしてこのフロリアーデでは、毎日何処かのパビリオンが、何かの催し物をしていました。行った日は運よく「日本の日」!

夏祭りを題材に、子供達に遊んでもらっていました。

そしてはじめて体験する「日本の夏の遊び」。お祭りを想像すればすぐ分かるようなものをやっていました。

ということで、さっちゃんは・・・・

続きを読む


posted by ニコラ at 05:26 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする