2006年08月06日

お助け隊

7月3日の投稿で、ご近所様の夏休みの間の仕事について書きました。

そのご近所様は、2週間、中1週間開けてまた1週間の夏休みをとりました。

その間は、約束したとおり、朝は中庭の門を開ける事、1回目の時には4日間は夕方に動物達の餌やりをすること、また天気がよければ庭の花・野菜に水をあげることでした。(2回目のときには、全期間の餌やり)

最初の2週間の間、天気が良すぎて、餌やり役の人と、顔を合わせては・・・「ウサギは大丈夫かしら・・・?」との話になりました。なにせウサギ小屋は、午前中の間は太陽がさんさんと降り注ぐ場所にあるうえに、分厚い毛皮のコートを着ていますから(^^;;、物凄く暑いと思ったのです。

それが証拠に、この期間中の水を飲む量は・・・半端ではなかったです!


(これがそのウサギさんたち)

このウサギさんたちとは逆に、自由に歩き回っている猫が2匹。

このうちの1匹は・・・

続きを読む


posted by ニコラ at 23:55 | Comment(8) | TrackBack(0) | 風物詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする