2006年07月17日

ティール(Tiel)まで

五右衛門にはもう両親はいません。五右衛門が小さい時に、他界されてしまったようです。

が、五右衛門の母親は双子で、もう一人の方は、まだ健在です。五右衛門が小さい時も、今もまだ、ユトレヒトから車で40分ほど、電車でも30分ほどの場所のティール(Tiel)と言う場所に住んでいます。

さっちゃん・みーちゃんの誕生日の時には、そのタンテ(おばさん)は我が家にプレゼントを持ってやってきます。オーム(おじさん)は・・・犬の世話があるので、時たまです。

前回お二人に会ったのは、4月のさっちゃんのお誕生日の時。丁度イースターでした。その時に、我が家の魚達の水槽が、「あまりに小さくてかわいそうだ」って話になり、使わなくなった水層を取りにおいで・・・と言われていました。

行くとしたら・・・6月の上旬か夏休みだな〜と思っていた所、オームが手術を受けることになり、夏休みになってからのほうがいいとの連絡がありました。

タンテ・オームとも、偶然なことに我が両親と同い年なのです。オームと我が父・タンテと我が母・・・同年代・・・共に戦争経験者です。タンテも母も疎開の経験者です。母は茨城、タンテはフィンランド・・・と疎開先の距離は違うけれど(^^;;、共に大変な時期を過ごした模様です。

またオームの手術は、もしかしたら父も受ければ治るのかしら・・・?と思うもの。なぜなら、やはり同年代の男性特有の、「同じ病気」の持ち主なのです。(^^;;


5月に受けた手術の結果、6月の末にも急遽再手術をしたオームですが、術後経過は至ってよく、「そんなにして大丈夫!?」と言うくらいのようです。でも自分では、「思ったように出来ない!」と思っているようですが・・・。(苦笑)

そして今日は、そのお見舞いと、水槽の受け取りとをかねて、珍しくお邪魔をしてきました。


続きを読む


posted by ニコラ at 05:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする