2006年07月01日

今日の動向

昨日崩壊したバルケネンデ内閣。朝からベアトリクス女王のもとを訪れて、事情説明をしました。

連立している2党は、9月の「プリンシェス・ダーハ」(女王の国会開会宣言および方針表明とでもいうのかな?)が終わってからの、選挙活動開始をしたいようですが、野党連合および内閣を離脱したD66は、即選挙を希望しているようです。

選挙をするなら何時頃にするのか・・・などは、上院(Eerste Kamer)・下院(Tweede Kamer)の議長や、下院での各党代表などの意見を取り入れた女王が、お決めになるとか。

お決めになると言っても、選挙のための準備期間などについても、細かい規則があるので(確か選挙戦は3ヶ月はあるはず)、「今から1ヵ月後に選挙!」とは言えないようです。

即選挙・・・であれば、いち早くても10月、9月が過ぎてからと言うのであれば、12月中と言うのが、大まかな時期になります。


日本の天皇陛下は、国の象徴との位置づけですが、オランダの場合は、

続きを読む


posted by ニコラ at 04:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 政治の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする