2006年06月30日

緊急国会討論の波紋

昨日の「緊急国会討論」の波紋は大きいです。

まず昨日バルケネンデ首相が約束をした「回答」ですが、

内閣全員一致にて、フェルドンク大臣を支持する

というものでした。それを元に、午後4時より国会が召集され、討論が続けられていました。

D66は、フェルドンク大臣の退陣がないのであれば、内閣から身を引くというスタンスを崩しておらず、入閣している二人のD66の大臣がどうするのか、またバルケネンデ首相がどうするのか・・・が論点となっていました。


(この女性が、D66の院内代表です。)

そしてたった今・・・(現在午後8時45分頃です)


続きを読む


posted by ニコラ at 03:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | 政治の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする