2006年06月29日

緊急国会討論

6月27日に「6週間経ち」で投稿をした、ヒルシ・アリ女史の国籍の件にて、昨日の午後8時ごろから、緊急国会討論が行われました。

裏事情としては、フェルドンク大臣が書いた事情説明の手紙、ヒルシ・アリ女史にあてた手紙(その手紙にサインをすれば、パスポートを渡すと言うもの)、国籍を戻すに当たり、それが法的な根拠でなのか、政治的な根拠でなのか・・・などなど。


当のヒルシ・アリ女史は、現在アメリカに滞在中とのことで(どこのパスポートで出国・入国したのかな〜??)、アメリカの特派員がインタビューをしたのですが、その中で、「自分の意思でサインをした」とは言っています。が・・・事情を考えると、それは表向きのことで、実際にはパスポートが必要であるから、サインをしたのでは・・・?との憶測が、国会議員たちにはあるようです。

そして無理やりサインをさせたのは・・・パスポートが欲しければ、サインをしな〜・・・ってことで・・・、フェルドンク大臣ではないのか??


フェルドンク大臣の所属するVVDは、日本の衆議院に当たるTweede Kamer(意味は「2番目の部屋」。「1番目の部屋」は、参議院に当たる)での党代表が新たに決まったのですが(つい先日)、その代表は・・・実は国会議員ではなく、大臣補佐のような地位の人です。(副大臣ともいえるかな?)

国会議員ではないために、昨夜のこの国会には参加はできず、前代表が質疑応答をしていたのですが、凄く厳しい質問を受けていました。

あんたのために、何でこんなことしなきゃいけないんだよ〜〜!!って、私だったら言いたくなるような内容でした。(^^;;

内閣からは、バルケネンデ首相とフェルドンク大臣が参加をしていましたが、討論の中で、ザルム副首相=大蔵大臣の答えが必要だと言うことで、真夜中にもかかわらず召集されたようでした。(寝てしまったので、実際に来たかどうかは知りません・・・)


また、バルケネンデ首相の一言から、新たな展開になりました。
それは・・・


続きを読む


posted by ニコラ at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする