2006年06月02日

結婚事情

OKU様からオランダの結婚事情について、質問がありました。コメント欄では小さいので、こちらに投稿しますね。

先ず日本で結婚と言うと、

1.男女間である
2.結婚届を提出して、受理されれば、結婚したことになる
3.どちらかが相手の姓に合わせる

というのが、お約束でしょうか。


オランダの場合、このどれもが当てはまりません。(@_@)

先ずオランダには、正式な同居(オランダ語でsamenwonen)と日本的な結婚とがあります。何が違うか・・・用紙が違うだけ・・・って言われるくらい、ほとんど差がないようです。

正式な同居の手順は分からないのですが、結婚の場合の手順は、

1.当人達が必要なよ書類を持って市役所に行き、結婚をしたい旨を告げる

2.市役所が問題無しと判断すれば、2週間の告知期間を経て、結婚式の予約をする。こちらの結婚式は、市民の立場の結婚式を重要視しているので、市役所で行います。(もちろん有料!)ということで、普通は平日に行いますが、どうしても休日に・・・という場合、特別料金でも出来るようです。
が、もし異議申し立てがあれば、出来ない・・・のかもしれません。

3.結婚の許可がでたら、結婚後の姓を登録します。夫婦別姓が認められているので、それぞれが自分の名前のままで居ることもできます。

4.結婚式当日は、市役所内で、式の執行人のもとで、式は行われまます。式には、当人達と保証人(一人につき最低一人)の参列が義務です。市役所で保管する用紙に、サインをします。最後に執行人がサインをして、結婚の本と呼ばれるもの(とっても大切なもので、これも購入です)にサインをして、渡してもらえば・・・結婚したことになります。
これが終われば、教会やお城などでの結婚式・披露宴も行えます。

オランダ王室の方達も、市民の立場でもあるので(日本のように別世界ではなく、市民なので、パスポートもあれば、年金ももらえます。)、市役所で式を挙げた後、教会に移動して、教会での式もあげます。



ということで、結婚をしていても、夫婦の名前が別だったり、二人で一緒に住んでいるけれど、結婚はしていないカップルが居るわけです。

そして月日は経て、子供が生まれたりもします。

続きを読む


posted by ニコラ at 22:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする