2006年05月05日

超有名なチューリップの公園・・・キューケンホフ

「金曜日は天気が良くなり、気温も24度くらいまで上がるでしょう・・・」と言う言葉を信じ、オランダ滞在8年にして初めて・・・チューリップで有名な公園・・・キューケンホフに行って来ました。

3月の末から、5月の末までの9週間だけ(計算に間違いがなければ・・・)、毎年開園されるこのキューケンホフ。これだけの期間、順番に少しずつチューリップが咲くように、計算されているとか。

でもやっぱり、4月末のゴールデンウィークが始まる頃からが一番の見ごろだとか。しかし今年は天候が悪いのか、寒い日が多かったのか・・・4月末でも、「満開ではない」と言う言葉をよく耳にしました。

んんん〜〜〜〜5月の閉園近くでないと駄目かな・・・?とも思ったけれど、やっぱりこのチューリップ休暇の間に、チューリップは咲く!と信じて(^^;;、無理やり今日5月5日に行くことを決行!五右衛門も仕事を休んで、同行しました。

朝は8時から開園しているキューケンホフ。五右衛門は、「6時に起きて、7時に家を出て、8時に入園だ!」とか息巻いていたけれど(^^;;、私が・・・

「いや〜、君が絶対に起きれないから、7時に起きて、8時ちょっと前に家を出ようよ」

計画変更。本人は面白くなかったようだけれど、案の定・・・二人して6時になんかは起きれない状態だったし、今日に限って(?)、さっちゃんも・みーちゃんも、私がシャワーを浴び終わった後でも(大体7時15分頃)まだ夢の中でした。

そんな3人のお尻をたたいて起きてもらい、朝食をとり、もう昨日のうちに用意しておいたサンドイッチ、朝、りんごとジュースを用意して、8時ごろ出発!

8時過ぎだと、アムス方面に行くと渋滞にあうのかな?とちょっと不安はあったけれど、まったく問題がなく(多分仕事がお休みの人が多かった?)、スキポールを横目にリッセ(ここにキューケンホフはあります)まで、約1時間の旅でした。


入ってびっくり!綺麗に手入れがされているんですね〜〜。(^^;;

いや〜、10年に1回の大イベントの花博に行った時には、どれが展示の花でどれが雑草か分からないし、なんだかぐちゃぐちゃした感じに花が植えられていたけれど、やっぱり有名なだけあるキューケンホフですね〜。

「私を見て!」ってアピールしている花が、入り口付近から出迎えてくれました。

さっちゃん・みーちゃんも、大興奮。先日から写真を撮ることを許された二人は(五右衛門の古いデジカメで)、最初の30分で70枚近く写真を撮ってしまったほど!


こんな感じで撮ってました。



五右衛門も仕事に使えるような写真や、売るための写真などもたくさん撮った模様です。

私は・・・気に入ったチューリップだけを撮りました。なにせ、メモリーカードの用量が小さいので、たくさん撮れないんです。撮れない分、頭にメモリーさせてきましたよ〜!(^^;;

・・・と、前置きはこれくらいにして、「誰が撮っても芸術作品」になるキューケンホフのチューリップを、少しだけおすそ分け。(^^)


続きを読む


posted by ニコラ at 20:50 | Comment(10) | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする