2006年04月04日

滞在許可証の申請

私がオランダに来たのは、1997年の8月。5月に結婚式は挙げたけれど、6月に出るボーナスを貰うために、なぜか7月末まで仕事をしました。なので、結婚式の後はまた別居状態でした。

しかしその間・・・私は病院にいました。というのも、なぜか帰りの飛行機で発熱し、成田から家に電話をして駅まで迎えに来てもらい、そのまま保険証を持って医者に行く・・・と言うコースをたどったのでした。

しかし近所の内科では、「風邪ですね〜」とのことで、熱さましの注射とブドウ糖の注射か点滴をして帰宅でした。貰った薬を飲んでいても、熱は下がらないし、下腹部に足の付け根も痛くなるので、近所の国立病院にいったところ、「即入院」と婦人科で言われました。

そしてそのまま3週間ほど。その後自宅静養が2週間かな?

その間は、ベットに寝たっきりの時間が多かったので、会社に行くようになっても、たった1時間の通勤時間が地獄のように長かった覚えがあります。とはいえ、フレックスタイムを導入していたので、10時までに出社をすればよく、電車のすいている時間を選んで出社をしたのですが、それでも座れるわけではなく、ドアのところで寄りかかっていた覚えがあります。

出社した10時は、倉庫から物を出す作業のデータ入力をする一番忙しい時間。その作業をしていた方は、テキパキとその作業をこなしてくださっていたので(5月から独り立ちさせられていたので・・・)、私はデータの処理漏れがないか、商品名間違いがないか(よくやったんです、私が・・・)、その辺のチェックを11時までして、そのあとは休みながら引継ぎ。

残っていた有給を使うために、7月20日頃で出社しなくなるので、営業アシスタントとして必要な情報・作業を、漏れることなく引き継がなければいけませんでしたが、引き継いでくださった方は、私なんかより理解度も優れていたし、先を読む力もあって、楽に作業が終わり、無事退社できました。(^^;;

そしてその後五右衛門日本に上陸。

海外旅行は、海軍にサービスしていた時期の北欧にモロッコあたりと、プライベートで行ったイタリアや旧ユーゴスラビアあたりに行った程度だと言っていた五右衛門。飛行機に12時間も乗って、それも乗り継ぎ便だったし(ドイツ系利用でした!)、無事つくか心配したけれど、無事日本につき、体調もかなり良くなった私と、炎天下の日本を満喫したのでした。(毎日やせたかな・・・ってほど歩きました!)

そして8月5日。

続きを読む


posted by ニコラ at 04:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | ニコラの世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする