2006年03月31日

宗教とお祭り

オランダは今までにたくさんの移民を受け入れてきました。ヨーロッパの中でも、5本の指に入るくらいの受入数だと思います。

主な出身国は、トルコにモロッコでした。一世の方たちは、オランダ語も分からないまま、もう30年以上もオランダに滞在しているようです。その子供や孫の代は、オランダ語も自国の言葉もペ〜ラペラな感じです。

それでもオランダ国内で問題になるのが、イスラム問題。イスラムの方たちと共存しようと、オランダ政府も頑張っているようですが、かなりの数のイスラムの方たちがいるので、中には良くない印象を与える人達もいるようです。

私もオランダ語の学校に行っていたときには、モロッコの人もいました。イスラエル・中国・韓国・イラン・イラク・ロシア・ポーランド・イタリア・アメリカ・アフガニスタン・・・などなど、多彩でした。

世界事情の中では、喧嘩をしている国の出身者たちが、一緒にオランダ語を習って、分からなければ教えあう・・・そんな事もしょっちゅうでした。

しかし、なかなか一度出来てしまった「壁」は、取り払えない場合もあり、「あの人がいるから、クラスを変わりたい」と言う人も中にも。


そういう壁を少しでも低くしよう、相互理解を深めよう・・・と言う趣旨で、今週の水曜日から、来週いっぱい・・・さっちゃんとみーちゃんの学校では、「宗教とお祭り」と題したテーマを取り上げています。



続きを読む


posted by ニコラ at 23:55 | Comment(2) | TrackBack(1) | 学校の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする