2006年03月22日

健康保険の変更 その1

オランダの健康保険は、日本のものに比べると物凄く複雑です。

日本では

雇用されている人=社会保険
自営業者    =国民健康保険

となっていて、社会保険であれば、普通は会社の、もしくは会社が加盟している保険会社に加入し、医者に掛かれば本人は1割負担、一方の国民保険であれば、一律3割負担・・・というように、すっきりしていますよね。
(何割負担と言うのは、もう変わったのでしょうか・・・?)

オランダの保険は、

雇用されている人=ziekenfonds(団体保険)
自営業者    =particulier(個人保険)

と言う形に分けられていて、それぞれが基礎保険とオプションを選んで(各人の好みや家族形態・生活状態などで)、たくさんある保険会社の中から選んで、契約をするという形でした。

ですから、同じ会社の社員でも、その契約形態が違えば、同じ保険会社を利用していても、毎月の保険料も違うし、医者に行った場合の自己負担金も変わるし、薬局で薬を処方してもらう時の自己負担金も変わるし、受けた科によっての自己負担金も変わるし・・・と、全く違いました。

それはparticulierの場合でも同じですが、こちらは自営業者や、(昔は)金持ちと言うレッテルを貼られていた人たちが加入していたので、医者・病院でも待ち時間が変わったり(病院にいくのはすべて予約なので、当日の待ち時間ではなく、病院の予約が入る日にちとしての待ち時間)・・・なんてこともあったようです。(こちらの保険のほうが、優遇される)


こんな複雑な形態をすっきりさせよう!・・・ってわけではないのでしょうが、昨年健康保健省とでも言うようなお役所が、「保険制度見直し」として、この2つの保険を1つにまとめると決定しました。


どういうことかと言うと、保険には団体とか個人とかの種類はなくなり、単に「健康保険」になる・・・と言うものです。また完全に保険加入は義務となり、無加入の場合は「罰金」があるそうです。

聞いていると、「ふぅ〜〜〜ん。それだけ!?」って感じですが、実は実は・・・内容は物凄い厄介な変更なわけです。反対意見はビシバシ出てくるし、批判や説明のテレビ番組もたくさんありました。



続きを読む
posted by ニコラ at 06:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする