2006年03月10日

オランダ人の名前

オランダ人の代表的な名前は、「ヤン・ヤンセン」だと、オランダ人なら口をそろえて言います。

なんやら、「ん」が多く付く名前やな!?・・・って思われました??(笑)

これを分解すると、多少意味が分かります。



まず、日本で言う下の名前に当たる「ヤン」。これは英語で言う「ジョン」に当たります。出生届に書かれている名前が、この「ヤン」かどうかは別にして、確かに50代以上の方たちだと・・・「ヤン」という人が多い気もします。

注:オランダ人の場合、出生届に書かれている正式な名前と、「通称」というものがあり、それぞれが出生届に書かれています。そしてこの「通称」のほうを、日常では使うので、人によっては正式な名前と通称が全然違う人もいます。

たとえば、正式な名前は、真理子だけれど、通称では・・・サーシャにするとか・・・ね。


五右衛門の従兄弟に当たる人は、正式な名前はヤンのようですが、通称としては・・・他の人とちょっと差をつける意味で、ジョンと呼んでいます。



そして苗字に当たるヤンセン。


まずオランダ人が苗字をつけるきっかけとなったのは




続きを読む
posted by ニコラ at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | オランダ語の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする