2006年03月07日

市議会選挙

在日外国人の方で、選挙権を持っている人はどのくらいいるのでしょうか?

私の知る限りでは、誰もいないと思います。どこかの選挙区で立候補をしていた方の奥様がロシア人で、日本にかなり長いこと住んでいたのですが、「私が出来ることは、選挙運動の手伝いだけ。」とおっしゃっていましたから。

しかしここオランダでは、合法的に5年以上住んでいると、住んでいる行政区の選挙・・・市議会とかに相当ですが、これに参加をすることが出来ます。

私は昨年の「ヨーロッパ憲法」の選挙のときに行われた、ユトレヒトの「コープゾンダーッハ」(買い物が出来る日曜日のこと)に関する市民のレフレンダムに参加をすることが許されました。五右衛門はもちろん、ヨーロッパ憲法に関するレフレンダムにも参加をしましたが。

そして今回の4年に一度行われる市議会の選挙。これはいつも3月の第2水曜日と決まっていますが、今年は・・・なぜか1日繰り上がって、火曜日になっています。(明日ですね〜)


日本でははがきが送られてきますが、オランダではカードが封筒に入れられて送られてきます。


(こんな感じです。)


それから選挙の2.3週間前に、立候補している党・人の名前が印刷されたものが各家庭に配られます。





そしてこれには、「どうやって投票するか」と言う方法も書かれています。





オランダ全土でではないですが、大・中都市では、この写真のように、党・人の名前のリストがそのまま機械になっていて、投票したい人の「ボタン」を押すようになっています。

字を書かないでいいのは、便利なような・・・、押し間違えもあるだろうし、機械がストをしてちゃんと動かなくても、それを取り締まる方法はないし・・・、どちらがいいのかは分かりませんが、まぁ〜、家でじっくりとリストを見て、「どのボタンを押すのか」覚えておけばいいので、楽なのかもしれませんけど。(^^;;


そして投票時間ですが、朝7時半から、夜の9時まで出来ますので、「仕事で・・・」とか「付き合いで・・・」などという言い訳は通用しないのですが・・・・。それでも市議会の選挙の投票率は下がってきているようです。


そしてその結果の行方・・・ですが




続きを読む
posted by ニコラ at 06:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 風物詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする