2006年02月24日

スケート

今日はご近所様のDさんと一緒に、近所のスケート場に行きました。さっちゃんも、みーちゃんも、クリスマスにサンタさんから「スケートのレッスン」をプレゼントされ、4日間レッスンを受けたので、なんとか氷には立てる状態。

そんな二人が使うものは、スケート靴ではなく、





こういうものです。足首がなるべく固定される靴やブーツを履き、このままこのイージー・グライダーというものを取り付けます。



するとこんな感じになります。


そう、オランダでスケートと言うと、

スピードスケートのことなんです!


スケート靴を借りる時にも、「フィギュア」なのか、この「ノルディック」(スピードスケートの靴)とか、自分で自己申請をしないと、何の靴も出してくれません。今の日本では分かりませんが、私が子供の時に借りた時には、サイズを言うだけで、フィギュア用が出てきて、他のものを借りたい時にだけ、指定していたような気がするのですが・・・。


そしてこのイージー・グライダー、初心者用で、サイズもS・M・Lとあり、足のサイズによってもちろん使いサイズも変わってきます。でも同じなのは、スピードスケートの靴のように、スケートの歯が靴よりも前に出ている・・・って事ですね。(^^;;


私も二人と一緒にスケートのレッスンを受け、このノルディックの靴を履きましたが、スケートが出来る人でも、難しいと思います。コーチは「歯が長いから安定性があるでしょ!」とか言っていたけど、そんな事はないです!カーブを曲がる時に足を交差させますが、歯が長すぎて・・・つまづきますよ〜。

「ニコラさん、運動神経悪いから・・・?」と思いました?(笑)


悪いですけど・・・・(爆)、躓いていたのは、私だけじゃ〜〜〜ないんですよ〜!!(声を大にして言います!)


歯が長くても・・・安定性はないです・・・。


でもこれで慣れていって、少し滑れるようになると、普通のスケート靴を履いて滑るようになりますが・・・、その頃には、子供でも「マイシューズ」を持っているんです!

定期的にスケートを楽しむ家族だと、家族全員マイシューズ。(驚)

そして皆さん、いつ歯を削ってもらうかもご存知で、「今日は削ってから滑らないと、危ないよ」とか言っていらっしゃる・・・。

まぁ〜確かに、運河の完全氷結が前提での、フリースラント州の「11都市を結ぶスケートマラソン」は全長200kmにも及ぶし、オランダ人なら冬になると、「今年は開催されるか・・・」って心配するし・・・、そのために毎日トレーニングしている人もいるし・・・。近所の運河が凍ると、みんなしてスケート靴を引っ張り出してきてスケートするけど、スケート場に行くとび〜〜〜〜っくりすることが、いっぱ〜〜〜〜いです。


もうオランダ人にとってスケートは、冬の国技ですよ!


朝9時半にスケート場は解禁になりますが、も〜〜〜その前からマイシューズを手にして準備完了のおじいちゃんたちがいっぱいいます。スーツもばっちりだし、トレーニングの仕方もプロ顔負けだし、物凄いスケート人口だ!というのを実感します。


そんな人達の中から、現在トリノで頑張っているスケート選手たちが選出されているのですよね〜。そしてスケートのクラスには、彼らを夢見ている子供たちがいっぱい。オランダからスピードスケートの選手がいなくなる日は、全くないと断言できますね〜。(笑)





一方のフィギュアスケートは・・・
posted by ニコラ at 05:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 風物詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする