2006年02月22日

嬉しいような・・・悔しいような・・・

今日もしつこくオリンピックのこと。

昨日の夜は、アイスダンスの競技をテレビ観戦しました。何年ぶりのことでしょうか。オランダではスケートと言えば、スピードスケートのことを指すので、フィギュアスケートの世界選手権があっても、ヨーロッパ選手権があっても、オランダのテレビでは放送はしません。オランダの選手が出場すれば・・・もちろん話は別なんでしょうけれどもね。(^^;;

・・・ということで、今まではフランスはパリにスタジオがあるヨーロッパのスポーツチャンネル・・・EuroSportにて観戦でした。でも今年は、なぜか??オランダテレビでもフィギュアスケートの放送があり、私が大好きなアイスダンスのフリーの演技を観戦したのでした。

アイスダンスとの出会いは、何と言ってもまだソ連の時代のペアー達。もうかな〜〜〜〜〜り昔のことなので、名前は覚えていませんが、いつも1・2位を争っていたソ連のペアーがいました。私の好みのペアーは、いつも2位。雰囲気が独特で、ジャッジ達には好まれなかったのでしょうか?(そんな事はないと思うけれども・・・)

そのあとは、やっぱりサラエボでのトービル・ディーン組。あのボレロの演技はすごかった!それまでは、ボレロの曲すら好きではなく、レコードも飛ばして聴いていたけれど、あの演技を見てから・・・耳が変わりましたね〜。(^^;;

その時と、今とでは、点数のルールも変わり、必須の技も変わり、なんだか氷上アクロバットを見ている様な気分になりました。五右衛門はアイスダンスなどには何の興味もないのですが、昨日は私に付き合ってみていて、同じようなことを言っていましたっけ。

「この滑り方(リフトの時に)と、ダンスとの関係は何だ??」・・・・と。

私 タンゴやワルツの滑り方は規定になっていて、それはもう終わっているのよ。
五 かも知れないけれど、種目はダンスなんだから、
  ダンス的な要素もないと駄目だよね。でも全く感じられないよ。
私 確かに、片手リフトや、片足滑走リフトは、アクロバットだよね。
五 でもあの、椿姫のカップルと、白いコシュチュームのカップル
  (映画「パッション」の曲で、キリストの最後の12時間について
  演技をした)は、ダンス・・・って雰囲気があったけど。


確かに・・・。ルールを改定して、より難しくするのはいいけれど、女性のほうは手のひらを切る選手が多いらしいし(スケートを持ってのリフトが必須になった模様?)、踊っている雰囲気がなくなった感もあり、昔の規定のほうが・・・良いのでは?などと思いながら見ていました。



そして一夜明けて、今日はスピードスケートの男子1500m。「Koningnummer」とオランダで言う距離です。意味合いは、王者の種目。スキーで言えば、スーパーGがそれにあたり、スピードスケートでは、男子・女子共に、1500m。

1000mは2周半ですが、1500mは3周半。最後の1周が、地獄の周なんだそうです。昨日のマリアンネ・ティンマー選手のインタビューでは、「1000mは何とか歯を食いしばれるけれど、1500mは最後の400m、もしくは500mは一番きつく、長く感じるところ」とのこと。

オランダ勢では、エルベン・ウェネマース選手、ヤン・ボス選手、スベン・クラーマー選手、それに1500mが一番得意のシモン・カウパース選手が出場です。

クラーマー選手は長距離が専門。ウェネマース選手とボス選手は短距離の選手。だから、この1500mは短すぎたり長すぎたり・・・と言うのが、本音だと思うんです。でも皆さん、それを克服するためにトレーニングをしているわけですからね。頑張ってほしいのです!

そしてカウパース選手は、五右衛門が言うには専門と言っていいだろう・・・なんですって。


滑走順では、クラーマー選手がオランダ勢の先頭を切って出場。滑走の5分くらい前に、アクシデント発生!(これでオランダ勢では3人目!)

氷上でウォーミングアップをしていたのに、靴を脱いで座り込んでしまったのです。チームメイトのウェネマース選手も顔色を変えて飛んできています。技師の人も呼ばれて、大きなドライバーを出して何かをし始めました。

後から聞いたところ、今のスケート靴は、靴と歯とが分かれるようになっていて、それを留めている部品が壊れたとか。一番弱い部分らしいのですが、試合中でなくて良かった!五右衛門は「素人が!」とか言っているけれど、試合中だったら、前部パ〜〜〜ですよ!

そして結果は、1:48.36。その時点ではトップでしたが、本人は満足もいかず、次に滑走をした韓国の選手にすぐ抜かされてしまい、結果は15位でした。

続きを読む
posted by ニコラ at 05:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | トリノオリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする