2006年02月19日

クロッカスとカーニバル

今年のイースターは、4月の中旬。正確には4月16・17日になります。このイースターより、6週間ほどさかのぼる頃・・・2月か3月ですが、「灰の水曜日」と言うものがあります。この日から40日間は「レント」といって、キリストが断食修行をしたことにちなんで、肉や卵を控える特別な期間。この「灰の水曜日」の前日が「懺悔の火曜日」。この日を最終日とする・・・レントが始まる前に肉を食べて楽しく羽をのばすのが、謝肉祭・・・つまりはカーニバルになります。有名どころでは、リオ・デ・ジャネイロやベニスなど。

このカーニバルは、カトリックのお祭りなので、プロテスタントの地域の多いオランダでは、「あまり」やりません。「あまり」・・・というのは、オランダにもカトリックの地域があります。南部のほうです。この地域では、カーニバルを盛大にお祝いします。

地域によっては、「今年の王様」なり「女王」なりを選出し、仕事もしなくって、仮装をして3日間を過ごします。

そう、その方たちにとっては、と〜〜〜〜っても大切な期間になります。


だから・・・・?ということかは分かりませんが、





続きを読む
posted by ニコラ at 05:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 風物詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする