2006年02月12日

惜しい・・・!!

今日の午後は、スピードスケートの男子5000mが行われましたね。初めの頃は、みーちゃんのお誕生会をやっていたので見られませんでしたが、終わってからは少しは見ました。でも疲れが出てきて見ながら寝ていて、オランダ人対決のときに、五右衛門に起こされたんですが・・・。(^^;;

このオランダ人たち、若手の(19歳だったかな?)スヴェン・クラーマー(Sven Kramer)選手と、ベテラン組みに入るカール・フェルハイエン(Carl Verhijen)選手です。


(写真はクラーマー選手)


クラーマー選手は、ご両親もスケートの選手だったとかで、日本的に言うならスケート界のサラブレッド。おまけにまだ若い!妹さんもジュニアの世界では、いつも上位に入賞とか。やっぱり血は流れているのでしょうか?

一方のフェルハイエン選手は、もう30歳になる頃でしょうか?(もしくは過ぎてきるかも?)ベテランですよね。おまけに、クラーマー選手とは同じチームに所属をしているので、先輩にも当たります。

昨日の抽選で、この二人が対決をするとなったとき、五右衛門は唸り声を上げていました。「これが吉と出るか・・・・」のようでした。つまり、同じチームメイトとして、二人が入賞できるように、それもメダルが獲れるように、いい具合に刺激をし合えるか、もしくは、それが逆効果になるか・・・。

こちらの時間で6時15分くらい前にその運命の試合は始まりました。まだ眠かった私は、ぼ〜〜〜〜っと見ていたのですが(^^;;、1周のタイムが29秒台。それが何周も続きました。「これはいい調子だ!お互いに引っ張り合っているぞ!」と思えましたね。結果は、クラーマー選手が、6分16秒台、フェルハイエン選手が6分18秒台。その時点で1・2位でした。

「このままであってほしい・・・」と思いを胸に、


次の
posted by ニコラ at 04:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | トリノオリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする